2018年6月18日月曜日

問い掛け③

前:問い掛け②

<養父母の生い立ち>

 養父(佐伯T)は昭和一桁生まれの五人姉兄の末っ子で腹違いだった。長女とは20歳も年が離れていたようで、義祖母は義父を産んだ後、肥立ちが悪く、直ぐに他界された。
 その後、姉夫婦や親類の家々を渡り歩くようにして育てられ、結果五人もの養母を「お母さん」と呼び、渇愛に喘ぐ不憫な幼少年期を過ごして来た。
 どの親類も、一度として愛情いっぱいに迎へられたこともなく、寂しさと貧困に喘ぐ日々だった。
 加えて、戦時中はもちろん一所不住に追われ、そのドサクサのなか、終始、家事手伝いに扱き使われた挙句、学校まで休まされ、戦禍の中、早朝から蜆を売りあるく日々だったという。
 当然、小学校の義務教育も途中までしか受けられず、生きるだけが精一杯の少年(養父)は終戦を迎へたとき、13歳の文盲に成ってしまっていたのだ。
 或る真冬の朝、アカギレした私の手を見て、養父が、
「とうちゃんものぉ、一明ぐらいの頃、手をこすりこすり蜆を売り歩いたことが、あったんじゃぞ。」
と切々と語る、その悲惨な体験を知ったとき、私は、ひどく胸にこたえ驚いたものだった。

 戦後、養父は、浪曲師を志したという。しかし音感や美声はともかく、結局、文盲では話にならなかった。
 そして炭坑夫となり27歳で養母Nと結婚。その二年後、私が養子として迎へられた。

 養母(佐伯N)は養父より18歳年上の大正初期の生まれ。
 幼い頃、幼女としてた人に育てられ女学校を卒業し、そして結婚。娘をひとり儲け、成人まで立派に育て、その娘が結婚したのを機に夫と離婚。
 その後、養父と再婚し、二年後、私を迎へ入れる最大の切っ掛けを醸し出したことは前述の通り。
 養母は、過去を余り語らず、どこか達観した処があった。宗教遍歴もあり、知識も豊富だった。たまに娘が孫を連れ、佐伯家に泊まることもあった。
 養母との関係をどう説明したらよいのか、上手く説明できるか自信がないが、思い返すと養母を実母と信じた筈なのに、潜在意識では常に違和感を覚え、しかも霧の中で未知なるものにお互いが牽制し合っているので、肉親の域を越えた少し不思議な距離を保って接していたのではないかと、そう思わずにはいられなかった。
 客観的に説明するならば、どちらかと云へば、幼少の頃から母という存在よりも、どこか友達という関係に近く、腹蔵無く、なんでも話し合える姉弟という感じでしかもよく喧嘩もした。もちろん、いつも口論ばかりだった。
 私が甘えても丸ごと受け容れることはなく、どこか一歩退いて遠くから見守る育て方に徹していたように思えた。
 養父とは親子ほど年の離れた姐さん女房ゆえか、養父には逆らえず、理不尽なことでも凝っと耐えなければならぬ養母と私は、ある意味、社会音痴な養父の下で被害者意識を共有していたと思う。
 養母の存在は私の運命を転換させた以上に、心豊かな人生を与えて呉れたと思う。男の子ゆえ、亦、一人っ子であるからこそ独立心旺盛に育てて呉れたのではないだろうか。
 ただし、渇愛を求める此の偏った依存心までは、どういう訳か、拭え切れなかったようだった。
 養子に出されてからの私は、これといった人見知りもせず、いつも、どこでも、愛に満たされない、渇愛を癒したい、自分だけでなく皆が心和やかに成れるそんな特性を活かして儚くも母の面影を追い続けていた。
 このような無垢で愚かな心性がその後の人生を翻弄したのは言うまでもない。養母は、もしかしたら、そんな息子(私)の性向を知りつつ敢えて放っていたのかもしれない。否、そう思えることが確かにあるからだ。

-----------------------------

続く。

2018年6月16日土曜日

オウム事件真相究明の会について

宮前一明さんの手紙より。



 先日、中日新聞にて、森達也等多くのジャーナリスト(と賛同者)が『オウム事件真相究明の会』なる組織が結成され、記者会見と。会のメンバーを拝見。香山リカ、田原総一郎、佐藤優の3人が存在するだけで多くの国民が少々洗脳されるのではないかと憂う。滝本弁護士のブログは当たり前の意見で正論。問題はやはりリカちゃん(松本麗華)が中心に会が動いたこと。四女との違いや、未だ偽装脱会の信者と、(次女本名)ちゃんが一緒に生活を共にすることからも不自然さを感じられぬ会のメンバーこそ可笑しい。(情報が無いからか?)

 オウム問題の真相を語らせるには、もう麻原ではなく、麻原の妻(知子)と石井久子の二人の方が、重要な情報が得られる筈。しかし彼女等は、死ぬまで、墓まで貝にのままであろう。


 こんな中、某の平成23年度(玉龍寺)の機関誌掲載の『オウム事件の総括と暗示』が役に立つのは嬉しい。内容的に、右の会、発足に一石を投じる役目に至るかもと。

2018年6月13日水曜日

問い掛け②

※「佐伯」は「さいき」と読みます。

※本人以外の個人名は伏せ字にしました。

※原文ママ



前: 問い掛け①



<出生から里子に>




 1960年(昭和35年)、10月8日、山口県の片田舎で生まれた私は一歳と九ヶ月の頃、養子に出され、中学三年まで実父母のことは何も知らされずに育てられた。




 母は、昭和17年の生まれで四人姉兄の末っ子だった。

 16歳のとき29歳の父と一緒になり17歳で長男を出産。ところが兄は未熟児のため乳を飲む力もなく喉を通ることもなく18日目の朝、あっけなくこの世を去って逝ってしまった。あまりに短い兄の生涯でした。

 それから九ヶ月後の朝。

 同じく早産で未熟児の私が生まれた。

 しかし、五週間後、両親は離婚してしまった。ところが上司の中立で元に戻り、また別居したりと不安定ながらも育児だけはどうにか続けていたという。

 そして数ヶ月後。

 一歳に満たない私の目の前で突如、母は蒸発してしまい、置き去りにされたときの母の後ろ姿の記憶はなかった。

 もちろん、父も残された側のひとりだった。

 一歳にも満たない乳児の心に、果たしてどれほどのトラウマが残されたのか、そんな息子のいたいけな反応を父はこう語っている。

「一明は、あの日から誰にも懐かんようになった。すぐ逃げる。もう誰も信用せんのじゃろうのお。」

 と、憐れむように周りに漏らしていた。

 母の膝。息と匂い。肌の温もりが消えてから、初めて渇愛の痛みを態度で示したのがそれだった。しかし、こんな小さな乳児に母を探すことはできない。言葉の認識もうすいこの時期に渇愛を癒す方法はなかった。父でさえ、もう諦めていた。

 それから十ヶ月間、父は私を育てる一方、再婚相手を探していたという。

 そして或る日、育児に疲れた父は、母の姉を頼りに私を養子にと相談を持ち掛けた。

「お姉さんが一明を育ててくれたなら、それが一番ええんじゃがのお。」

 半ば、祈るようにして懇願する父の顔を見て、姉は困り果てた。

 ところが二児の母である姉は、不運にも、夫の怪我で収入が途絶え、逆境に喘ぐ日々だった。

 姉は、二人も3人も一緒だと、一瞬迷った・・・・ところが三度の食事もままならず、しかも子供たちにおやつも買えない厳しい現実がそれを拒んでしまったと言うのだ。

 むしろ妹の身勝手な行動を恨みつつ、やりきれない気持ちを抑え、父にはやんわりと頭を下げ、断る以外になかったと、姉(伯母)は手紙の中で、「あの日の悔しさ、切なさは今も心に残ってます。」と、告白している。

 そして最後の言葉として、なんの穢れもない小さな私に向かって、

「一明ちゃん。ゴメンナサイね、お姉さんを許してちょうだいね、さようなら。」

 と、ひとこと囁いて、別れる決心をしたのだった。




 それ以降、父とは疎遠になり、外でばったり出逢っても、決まって姉から会釈を返していたのに無視されていたと言う。

 姉はときどき冷たい視線に胸を突かれ、非情の鎖の重さを背中で感じたと、そう漏らしている。そして、父とは二度と言葉を交わす場面はなかった






 父が伯母に養子を持ち掛けた理由は、再建相手の条件が私を里子に出すことだと、後に判った。

 ところで、その頃の私は、母をときどき想い出すためか、「カックン(かあさんの意味)」という言葉とは思えない叫び声を誰彼かまわず、まるで訴へるように呼び掛けていた。




 私が一歳と九ヶ月のとき、里子の噂を耳にした佐伯夫妻が社宅に訪れたのは、昭和37年の真夏で、この年は、池田内閣が高度経済成長を打ち出して三年目。岩戸景気の翌年だった。




 そこは山口県の西部、坑山の街、美祢市。大理石や石炭石を産出し、無煙炭(カーバイトや練炭の原料)の大炭田として栄えたことのある町。




 父も、伯母さんの夫も、そして佐伯(養父)も共に炭坑夫として数キロ以内の職場で働いていた。




 小学生の頃、養父(佐伯)から当時の写真を見せてもらったことがある。

 その風景は、ダイナマイトとサイレンの音が木霊するなか、石炭の粉塵が空を覆うたびに、誰もが手ぬぐいを口に当て、風に流されるのを待たず、先を急ぐ人々の姿が自然に映える大通り。坑山に囲まれた地形ゆえ、夏は地の底から蒸し立てられるような暑さだったと述懐していたのを覚えている。




 佐伯(養父)は、10人足らずの飯場に属していた。

 佐伯は、或る日、一日の疲れを癒す大衆浴場で、小さな幼児を里子に出す人がいると聞かされ、早速、知り合いを頼り、村長の世話で掛け合って戴くことになった。

 一方、父は、その申し出を快諾し、

「一度、息子に逢ってやって下さい。」

と返辞を伝へた。しかし、父は、私が他人に懐くかどうかが不安でならなかった。

 その日、佐伯夫妻は、父の住む社宅の前で立ち止まり、佐伯(養父)は、

「男の子じゃが、どんな子かのぉ。大丈夫じゃろか。」

と妻のNに問い掛けた。

「まだ二歳になっちょらん、ちゅう事やからね。直ぐに慣れるいねぇ。」

と、N(養母)は自信を持って応えた。(実の娘を育てた経験を持つNには不安がない。それよりなによりも、男の子を育てられるかと思うと、それが嬉しくて堪らなかったのだ)




 父は、佐伯夫妻を快く迎え入れ、「唐突にあいにくですが、今、一明は午

睡中だもんで寝顔しか見られませんが」と告げ、昨夜から悩んでいたせいか不安げな顔でこう続けた。

「佐伯さん。うちの子を貰ってくれるのはええんじゃがねぇ・・・・実は、うちの子はねぇ、誰にも懐こうとせんのです。すぐ逃げるんじゃね。だから、もし、佐伯さんに懐いてくれたら、本当にええんじゃがねぇ。」

 のっけから否定的な説明に佐伯夫妻は顔を見合わせた。

 その訳を説明すべく父は、一年前に起きた母の失踪と育児の苦労を切々と切り出した。




 場の空気が一変する。




 運命を左右する呪詛のような父の低い声に反応したのだろうか・・・・。

 すると部屋の隅でスヤスヤと寝ていた私は、突然目を覚まし上半身をぴょこんと起こした。いつもと異なる特別な雰囲気を察したのか、先に身体が反応したのだろうか。

 寝惚け眼の目をこすると父以外に、知らない大人の顔が目に映った。

 初めて見る顔に驚き、佐伯夫妻を凝っと見据えた。

 バツの悪い父は複雑な心境になり、話を止めた。

 タイミングよく、N(養母)が私に向かって呼び掛けた。

「かずあきちゃん、こんにちは。もう起きたんかねぇ。初めまして。

いまね、お父さんとね、いろいろとお話しをしたのよ、どうだろうねぇ、かずあきちゃん。おばさんのところに来てみんかねぇ。どうするぅ・・・・。

 じゃあ、はい。こっちへおいで・・・・。」

 と、Nは膝をポンと叩いて両手を拡げて待っている。




 一歳と九ヶ月の私に大人の話す言葉は理解できない。

しかし、この異様な雰囲気と、いつものように父から発せられる憐憫の情が伝わってこない。それは本能である親子の絆、愛情の波動だ。




 六つの目が私の動作に固唾を飲む。




「・・・・ ・・・・。」




 少しの間が空く。

 首を少しひねって何か考えごとでもするかのように、天井を仰ぎ見、空(くう)を見詰めた。

 皆の眼に映ったその仕草は、精一杯考えようとする幼児の愛くるしい茶目っ気に見えた。

 しかし、事情を知るものから見ると、その様は、余りにも切なく、気の毒でならない。

 Nは来ると信じている。

 一方、父は冷めていた。

 どうせ他所を向いて逃げるか、無視するのが落じゃな。




 私は、再び皆を見詰めた。

 なぜか父がいつもより小さく、むしろNの方が大きく暖かく感じた。そしてNの目は優しく、ずっと微笑んでいた。

 母性愛の本能を感じ取ったのか、「カックン」と叫び、私は床から這い出してトコトコと歩き出し、そして、Nの膝の上にちょこんと座り、ニコッと仰ぎ見て笑った。

「まあ、良い子だね。かずあきちゃん。このおばさんで、ええんかね。本当に。・・・・ありがとう、かずあきちゃん。」

 と言われ、私は一年振りに抱き締められた。




 ビックリ仰天。

 驚いたのは父。父は思わず、

「ほうー、こんなこともあるんじゃなぁ。一明が、初めての人に懐いちょるわ。」と喜びもひとしおだった。

 これで一明を安心して佐伯さんに預けられる。本当によかったと心底安堵した父だった。

 そしてもうひとつ、控えた再婚相手との再出発の人生が現実になるからだ。




 この頃、母は依然として行方知れずだった。その後、実家に戻り再びどこかへ働きに出たという。




 それから30年。

 母は、三度の再婚を繰り返した。ところが子供に恵まれることもなく、実の子は、唯一人、私だけだった。

 母は、未だに乳児の頃の私の写真を、肌身離さず持っている。

 そして、私が佐伯家に貰われた事実は、全く知らなかった。

 しかし、姉(伯母)の方は伝聞で養子に遣らされたことは知っていた。

 でも、苗字までは知らなかったと言う。当然、父の再婚相手は知っていた。




 これら出生の背景から養子に出されるまでの経緯を、初めて知ったのは、つい最近のことだった。

 しかし、母が何故、失踪し、帰って来なかったのか、その真相が明らかになるのは、もう少し後で判り、すべての疑問が氷解した。






「・・・・ ・・・・。」



-----------------------------


続き:問い掛け③

2018年6月8日金曜日

平成30年4月23日(月)付 管理人が宅下げされた本・大山友之さん著「都子聞こえますか」の感想を記した返信

大山さんの『都子 聞こえますか』の手記は、相当に感情を押さえての内容かと存じます。某の述べた言葉も、半分以上削られ、額面通りに聞こうとされぬ想いには、言葉もなく、逆に民事に出廷しない方が良かったかな、と悩んだこともありました。某が、大山さんの立場になれば同じ思いか、もっと怒り狂っていたでしょうね。更に、坂本堤弁護士の母さちよさんの検事調書を読めば、それ以上の母子愛 そして、堤弁護士の人格や人間性の素晴らしさ、母さちよさんの愛情の深さ、そして言葉のやさしさから出て来る品格ある人生観がにじみ出ております。

(管理人)さんが大山さんの手記を一読され、ひとつでも今を生きる糧になれるならば、嬉しく思い、この本を破棄せず、持っていて良かったと存じます。

(後略)



※拘置所は房内で持っていていい服や本など荷物量の規制が存在し、宮前さんは身内や外部交通者が少ないため、荷物を外部で保管してもらえる人が少ない。荷物を最小限におさえている。

平成30年5月29日(火)付 追伸部分 事件を経た現状と心境

某は再審請求はしませんし、既に公判調書等の全てを廃棄済み。さらに、生と死についての考えは、禅の無二に至り、13年前に書く新聞でも記事に載っている。坂本さん一家への贖罪と反省の念は、円覚寺(松嶺院)の輿俊哲老師宛に発信した某の手紙が存在する。
坂本さちよさんの禅の師であるからこそ、某の坂本さちよさんへの思いも十分にご理解されていると信じている。又、輿老師からの某宛の手紙と『心』の色紙等も貴重な証し。輿老師が某の絵を素直に褒められた弁や『墨嶽居士』と某の僧名を述べ、且つ、禅者として認めておられる事実。もうそれ以上、この世に必要なものは某には・・・・必要なし。と改めて無に帰する境涯を識りました。
(中略)
右の輿老師の『心』の色紙や手紙等は(管理人)が所有しております。
今更、刑の執行の云々を述べる必要もなく、要はひとり一人の安心・希望・心の豊かさをどのように遺すかです。無二の精神を、行動できる世の中にする。少しでもと念じ、行動するのみと。



円覚寺(松嶺院)は坂本弁護士ご一家のお墓があるところ。(http://www005.upp.so-net.ne.jp/satoko-kikin/ohaka.html)坂本さちよさんは坂本弁護士のお母様。

2018年5月31日木曜日

オウム事件の総括と暗示④

オウム事件の総括と暗示④

<解明から、解決への道程とは>

 麻原(彰晃)は、自称最終解脱の前にオウム神仙の会の頃からインドのダラムサーラへ赴き、ダライラマ法王14世と会見し、布施行を実践してます。そして坂本弁護士一家事件の直後も同様に、ダライラマ法王と会見し、法王のグルであるリンポチェクラスのチベット僧でさえ、麻原を見抜けなかった。その後、数々の犯罪を重ねる中、スリランカの各長老とも会見していたが、やはり、上座仏教の高僧でも麻原を見抜けなかった。

 そして日本でも、大徳寺の管長は、オウムへ土地を売るために麻原と会見し、麻原からオウムへの布施本を手渡されて、「勉強しなさい」と言われているのだから、禪の老師でも、大伽藍を守る盲のトップでは、企業の社長と同じレベルであると言えましょう。

 麻原と対談したビートたけしや大島渚氏や各有名人や学者の多くが麻原を見抜けないのは当然としても、観音菩薩の化身と称するダライラマやそのグルであるリンポチェや特別な能力を有する老僧といえども麻原の悪業を見切れないのは、どうしてなのか?

 それは各宗派のドグマに当人自身が陥穽しており、真の意味で、善も悪も無い二元対立の観念である囚われの心から離れた状態にあるからでしょう。その状態の心に至ることが彼らの修行の一つなのであり、さらにその先の先まで至ってもなお、心が現象界に在る限り、見切れないものでありましょう。

 そもそも仏教は宗教であってはならないと仏陀は説いています。また神仏を奉こともありません。

 仏教とは、信仰でなく、実践哲学であり、この現象界から離れる輪廻の解脱なのです。

 仏陀は、入滅直前に、「自灯明、法灯明」と仰ってます。これは、自己を見詰めよ、そして自然から感得せよ、というものです。要するに、人とは何かを哲学し自然という現象界を見て、よく考え見極めなさい、という暗示でもあるのでしょう。

 宗教のドグマ(教義)に感化され易い人間という生物は、無明の渦中に在ることに気づかぬまま輪廻の無常に流されているのだと。

 禪は、本来、功徳を否定します。それに囚わぬことであり、マーヤ(自我)の脱落と滅尽のために祖師禪があり、ダルマの教えが仏陀の法と重なるのです。

 禪も仏教も宗教でなく、自我の脱落によって無明から離れる法であるのです。

 そうすると、宗教に依存するのではなく、須く自分の頭でよく考え、物事の本質を哲学することが、オウム事件の解明から解決へと至る道程の暗示と言えるのえはないでしょうか。

 私の養父心山老師(玉龍寺住職)は、当初から、仏陀とダルマの禪理を唱えてました。故に、頭からオウムの出家信徒を否定せず、その修行における指向性と真面目な態度に、むしろ感化され、快く彼らの相談に乗って、何十人もの脱会を果たされたのです。そして、その中から、数人もの禪の師家を誕生させたのですから。

 心山老師が常々仰るように、麻原に正師となるホンモノの師が存在していれば、迷うことはなかったと。その通りでした。麻原がシヴァ神を信仰せず生きた正師をグルと仰いでいたらと、残念でなりません。

 今更、この場で、マインドコントロールの数々を詳細に語るのは控えますが、最後に思うことは、やはり法友であった純粋な若者たちが死刑囚としてこの世を去ることです。しかしそうなってほしくありません。

 麻原や、未だに盲従している暗愚な弟子たちは別にして、やはり、広瀬健一君や豊田亨君、端本悟君たちは、生きていてほしい。別に私のことはどうでもいいのです。彼らは、在学中に出家して、社会経験の無いまま洗脳されたような、純粋犠牲者の一人です。

 彼らの親御さんも、被害者のご遺族と同じ気持ちであることを考えると、マスコミや世間様においては、許す、許さぬという感情論に訴える心の状態を、敢えて一歩手前で冷静になってほしいものです。そして、人とは、一体、なぜ、罪を犯し、人を裁けるのか、と改めて哲学を初めてほしいと両掌を合わせます。それが仏陀の考えですから。

 そして、真の平和とは、怒りや感情から離れることであり、安心こそ癒しの空間のはずです。そのような空間を創り出すため、一人一人がよく考え、哲学し、真の自由意志を得ることで、愚かな行いを無くして欲しいと心から祈念いたします。


合掌


平成23年12月8日(木)
正偏(ぎょうにんべんに扁)智 vol.41.42 平成24年5月発行に収録

2018年5月30日水曜日

オウム事件の総括と暗示③

オウム事件の総括と暗示③

<麻原が黙殺しても万全の証拠>

 法廷で、麻原が黙殺したまま証言を拒否するから『何一つ解明されなかった』という考え方も大きな間違いです。

 麻原に対して、オウム草創期からの経験や事件当時の背景やその状況を、麻原の記憶の中で言葉にして示せと言っても、それは困難です。やはり学歴優秀で真面目な弟子たちの証言の方が正確ですし、私のように18冊もの手帳を持っていた証人の方が間違いが少ないです。

 それよりも、最も正確で麻原の当時を語る物が存在します。それは、麻原の説法であり、録音テープやCD、そして書籍数十冊の証拠品です。

 これらの中に、事件の端諸となる重要なフレーズやポア(魂を移し替える殺人の肯定やドグマ)やヴァジラヤーナ(悪業をグルのマハームドラーとして弟子の修行とする)の説法は十分い語り尽くされていたのです。

 これらは、特別の秘技でもなく、公にして教えの一つとされ、事件の当日や前後で、説法がガラリと変化する内容のものも含め、麻原の心境や教義の編成における経過もハッキリとした証拠品の一部なのです。

 これだけの証拠品がそろっており、時系列に沿って、麻原が弟子たちをロボットの如く操り、地下鉄サリン事件までに至った背景の全貌と、オウム特有のマインドコントロールの全ては、もうすでに、メディアには、出し尽くされていたのです。

 滝本太郎弁護士のみでなく、多くの心理学者や宗教学者も協力して、その解明に尽力され、一定の解釈はされているのに、なぜ、未だに『何一つ解明されぬまま』というフレーズが野放しになっているのか。実のところ、真に的を射たフレーズとは『何一つ癒されぬまま』であって、解明されては困るものかもしれません。

 世間では、やはり未だに存在するオウムの組織でる団体(アーレフとひかりの輪とロシアのグループ)が活動し、むしろ増加しているという不安と恐怖心に煽られ、さらに、どうして、カルト宗教が今もなお残っているのかという不思議さというよりも、許されぬという不信感と不可解な気持ちで一杯なのです。

 その反映としてのフレーズが、それなのであり、もう一つの理由は、宗教の価値観と世俗のモラルに歴史的なギャップがあることへの大きな溝を塞ぐためのカモフラージュなのかもしれません。

 国民の誰もが、「私は絶対にマインドコントロールされない」と確信しているからかもしれません。同じく、私自身、オウムに出家した時、利他行と解脱を信じていたので、犯罪や他人を不幸にすることなど、以っての他と声を大にして、修行と布施行を歓んでやっていたものでした。そして、「まさか、あの人が」と心の底から信じられないと叫ぶ私の友人、親友からも言われる身の立場になっている現実が、癒されぬまま解明してほしくない哀訴に聞こえてくるのです。だからこそ、マインドコントロールなのです。

 宗教のドグマとは、そういうものであり、人間とは、観念一つで生き方も人生も価値観も、一変してしまうものであることが、このオウム裁判でハッキリしたことは疑う余地もありません。

つづく